歩くだけ、脳老化防止?

歩くことは、健康なカラダづくりの基本です。

適度な運動は自発的治癒が起こるカラダづくり。運動の基本であるウォーキングは、<血液の循環を促進><心臓のポンプ作用を強化><動脈の弾力性>を高めます。

さらに、呼吸器系を円滑に機能させ、酸素と二酸化炭素の交換を促し、カラダから不要なものを排出し、代謝と体全体のエネルギー効率を高めます。

また、脳からのエンドルフィン分泌で、抑うつ状態の改善とストレスを緩和し、深いリラクゼーションと眠りをもたらすことで、免疫機能を高める効果をもたらします。

要するに、カラダの治癒力を高めるため、規則的な運動は欠かせないということは確かなことです。

 

わたしたちの昔ながらの日常生活では、カラダが必要とする運動のすべてをこなしていました。

たとえば、たえず歩き重いものを運び、筋肉は常に円滑に動かし、歩いて水を運び、田畑へ行き、たえず歩く生活。

それと比べて、現代の生活はさまざまなテクノロジーの発展により便利になり、わたしたちのこうした活動パターンを根底から変え、歩く機会をなくしてしまい、このことこそが、わたしたちの基礎体力を大幅に弱らせてしまった原因といえます。

近年の研究で、デスクワークで座りすぎることが、がんをはじめとするさまざまな病気発症の危険につながる可能性があるとされています。

→詳しくは<デスクワーク症候群の危険性は、がん発症の危険性?!>ページへ

 

さらに、歩くことが脳の老化につながります。

人間は歩くようにできています。

普段は当たり前におこなっている動作のため気がつきませんが、歩行は、感覚経験と運動経験との高度な機能的総合が要求される、複雑な行動です。

地面の凹凸を感じながら、重力を調整して移動するためには、脳では、無意識のうちにバランスを保つために、膨大な情報処理を行っています。

歩行は筋骨格運動性だけでなく、脳のトレーニング(活発化)にもつながっています。

その脳が頼りにしているメカニズムのひとつが、三次元空間を感知する内耳の器官。

そのちっぽけな器官のメカニズムによって、わたしたちは平衡を保つことができていて、もし異常が生じたら人はバランスを失ってしまいます。

また、脳は、耳からの情報以外にも、視覚や皮膚からの情報にも頼っています。

皮膚からは、カラダのどの部分が地面に接しているかを脳に知らせ、筋肉・腱・関節は、空間におけるからだの各部分の正確な位置を、絶えず脳に知らせています。

それらのどの器官が機能しなくなっても、カラダはバランスを崩し倒れてしまうのです。

 

そして、これらすべての情報を処理しているのが小脳です。

小脳では、状況に応じ常に筋肉が動くように、指令を送り調整しています。

歩くとき、右脚と左腕が、左足と右腕が同時に前に出るという交差運動ですが、これが、ほかの運動機能ではあらわれない、脳の中枢神経全体に調和的な影響を与えています。

歩行という単純な行動には、カラダのあらゆる機能を活性化し、その結果治癒系をスムーズに働かせ、自発的治癒を起こりやすくさせる力が秘められています。

「歩くこと」がカラダにもっとも優れた健康メソットであるというを再認識したところで、今日から、通勤や日常生活で毎日せっせと歩く習慣をこころがけましょう。

コメントを残す

CAPTCHA