命のレンジャー!オメガ3

「オメガ3」脂肪酸とは?

油(脂肪酸)には、飽和脂肪酸・多不飽和脂肪酸・単不飽和脂肪酸の3種類があり、単不飽和脂肪酸に代表される<オリーブオイル>は、自然のクスリといえるほどカラダに良い食材とされています。

→詳しくは<カラダに良い脂肪酸>ページへ

そのほかにも、カラダの自然治癒力を促進する食物に「オメガ3」があります。

「オメガ3」は、主に青魚などの食物に含まれる良質な脂肪酸で、特殊な性質を持った高比率の不飽和脂肪酸に分類されます。

動物性脂肪を過剰に摂取すると、血液中のLDLいわいる「悪玉コレステロール」が、動脈壁に沈着してアテローム性動脈硬化症や冠動脈疾患さらに、心筋梗塞の原因をつくります。

さらに、活性酸素の阻害は血液中にを過酸化脂質にあらわれ、コラーゲン皮質を破壊することで、肌にシワやたるみなどの障害を引き起こします。

「オメガ3」は、カラダの炎症的な変化を軽減することで、異常な血液凝固を防ぎ細胞及び組織のがん性、消耗性の変化を防ぐ効果があると考えられています。

その結果、あらゆるカラダの免疫効果さまざまな病気の予防や抑制に作用することがわかっています。

 

【オメガ3の主な効用】

・中性脂肪の抑制

・悪玉(LDL)コレステロールの抑制

・肝臓疾患の予防

・動脈硬化・心筋梗塞の予防

・高血圧の予防

・脂質異常症の予防

・肥満抑制

・脳活性化の促進

・老化・認知の予防

・アレルギー疾患の予防

・うつ病のリスク軽減

・便秘の解消

・痛みや炎症の抑制

・大腸がんの予防

・美容・美肌効果

など、あらゆる病気や症状に関与します。

 

オメガ3を多く含む食物は?

「オメガ3」を含む食品には、主に青魚類に含まれるDHAとEPA、そのもととなるα-リノレン酸を含む食物があります。

魚類では、特に北の冷たい海でとれる脂身の多い魚<イワシ><サバ><サケ>などに多く含まれています。

また、<エゴマ・亜麻種子などの植物油>など、多くのα-リノレン酸などが含まれる食物もあります。

特に、スーパーフードそして知られているアマ科の種子<亜麻仁(フラックッシード)>は、味は、ゴマを香ばしくしたような風味で、

挽き割り粉をそのままサラダや味噌汁にふりかけたり、パンやクッキーに加えたり、手軽に、いろんな料理に取り入れやすい<オメガ3食材>です。

そのほか、手軽に摂取できるものに<くるみ><栗>など、毎日の食卓におすすめな<大豆類>もれっきとしたオメガ3食材。

何か一つの食材に集中するよりも、自分のライフスタイルに合わせて、いろんなものをコツコツ取り入れるのが理想的です。

 

【オメガ3に含まれる健康効果】

DHA:脳の機能を活性化する効果で、抗うつに作用します。

EPA:中性脂肪の減少や、動脈硬化などの血管障害、花粉症などの抗アレルギー作用します。

αリノレン酸:血流を改善することで、老化や疲労様々な病気の予防。老化やアレルギー抑制にも作用します。

 

このように、オメガ3は「血液の質」にも大きく変化をもたらし、良質の血液が全身を巡ることで、細胞や内臓の働きを活発にし、身体の免疫力細胞を作動させる、まさにカラダの救急部隊<命のレンジャー>といえるゆえんです。

このありがたい「オメガ3」食材は、医薬品やサプリメントよりダイレクトに安全に効果が得られることは間違いありません。

<シンプルでナチュラルな食習慣>に不可欠な食材といえます。

 

注意)オメガ3には血液をサラサラにする効果があるので、血管障害治療などの薬を服用されている方は医師の指導にしたがってください。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA