食物の色と健康について

カラフルな食卓が、健康のキーワード。

食卓に彩りのある食物を取り入れることが健康に良いことは、なんとなくわかっている人は多いかと思います。

食物も色を特徴とした健康効果は、栄養学的に詳しく研究分析されています。

サプリメントや栄養補助食品などもありますが、できるだけ安全・確実に<新鮮な野菜>からたっぷりと摂り入れたいものです。

 

【緑色野菜】

ホウレンソウやコマツナをはじめとする緑の葉っぱ系「葉緑素(クロロフィル)」は、太陽光を吸収し炭素ガスと水からブドウ糖を合成し、体内に摂取した葉緑素は、抗酸化作用によりがんの抑制老化防止、さらに貧血整腸にも作用します。

【黄〜赤色野菜】

ニンジン(βカロチン)やトマト(リコピン)などのカロチノイド成分が強力な抗酸化作用があります。動脈硬化など、血管障害疾患の予防に効果的です。

【紫野菜(アントシアニン)】

ナスやブルーベリーなどのアントシアンニン(ポリフェノール)を多く含み、やはり強力な抗酸化作用による老化動脈硬化生活習慣病の予防に加え、目の健康にも役立ちます。

【白色野菜(フラボオイド)】

ポリフェノールの一種で、ハクサイやダイコンなどのフラボノイド系色素には血管強化に作用し、動脈硬化高血圧をはじめとする生活習慣病の予防効果があります。

 

「陰陽五行説」における、食物の色と健康について。

東医(東洋医療)的にも、食物と色の関係において、人体の臓器のはたらきに関わるとされています。

「陰陽五行説」の自然哲学において、宇宙からなる自然界がバランスを保っているように、人の体内も細胞レベルで平衡を保っていることを<自然の摂理>としています。

→詳しくは<東医(東洋医療)的な健康とは>ページへ

食物と色の関係について、この「五行説」に即した考えがあります。

 

【緑(青)色】<肝臓>

食物:ほうれん草・ブロッコリー・パセリなど

効果:血液循環や新陳代謝の促進・解毒・免疫力強化など

【赤色】<心臓>

食物:トマト・ニンジン・クコの実など

効果:補血・動悸予防・手足の冷え防止・虚弱体質改善など

【白色】<肺>

食物:ハクサイ・ダイコン・セロリなど

効果:消化器機能・胃腸機能の改善など

【黒色】<腎臓>

食物:黒ゴマ・黒豆・シイタケなど

効果:腎臓強化・排泄作用促進など

【黄色】<脾臓>

食物:大豆・カボチャ・トウモロコシなど

効果:脾臓強化・新陳代謝の活性化など

 

「陰陽五行説」における、自分のタイプを知り、自分の弱いところを強化できるような食材を、色を目安にして多く取り入れるようにすることで、体質改善につながります。

また、西洋医療・東洋医療いずれの考え方においても、食事に多くの色の食材を取り入れることが、バランスの良い健康に良いということです。

特に、野菜には抗酸化作用が多く含まれ、老化の原因となる<活性酸素>の生成を抑制します。

→詳しくは<活性酸素とは>ページへ

「5色の野菜」を摂り入れるだけ、ナチュラル&シンプルな食習慣をはじめましょう。