有毒な食品添加物リスト

食品の添加物リスクを知りましょう。

現代の環境にひそむ有害物質からくる毒性は、わたしたちの健康にとって大きな脅威となっています。

そのひとつに、食品添加物があります。

食品には、ありとあらゆる添加物が含まれていることは、食品の裏のラベルを見れば確認することができます。

健康にとって大きな影響を及ぼさないものもありますが、中には非常に毒性が強く決して口に入れるべきでないものも潜んでいます。

これらの毒性は、急性被害というよりもむしろじわじわと長期にわたって私たちのカラダに蓄積し、<自己治癒力>を阻害し、がん、免疫機能不全、さまざまな慢性疾患になるリスクが高まることは確かです。

 

特に、加工食品に多く含まれる添加物で避けるべきものとして、「合成甘味料」「合成着色料」「保存料」「改良剤」「乳化剤」「ph調整剤」などがあります。

まずは、日常の食事の中に占める加工食品の比率を減らすことが一番安全なのですが、それが無理な場合はできるだけ添加物のない食品を選ぶようにして、有害による被害を最小限に留めるような努力をする必要があります。

 

わたしたちの周りの食品で、特に毒性の可能性が高い<これだけは避けてほしい添加物リスト>を知って、買い物の際にはチェックする習慣をつけましょう。

 

これだけは避けてほしい添加物リスト

 

【合成甘味料】

アスパルテームアセスルファムK

食品を人工的に甘味を持たせるために使用されてて、「アスパルテーム」は砂糖の約200倍もの甘さを持たせることができることから、砂糖の代わりとして健康食品などに使用されています。

健康リスク→肝臓障害・発がん・脳障害・心臓発作・うつ症状など

主な使用食品→健康(ダイエット)食品・ノンアルコール飲料・お菓子・アイス類など

 

【発色剤】

亜硫酸Na(ナトリウム)

主に食品の発色を保ち黒ずみを防ぐ目的で使用され、その他にもワインなどの酸化防止やドライフルーツなどの漂白剤として使用され、食品の色素細胞を破壊します。

健康リスク→発がん・アレルギー障害・循環障害・骨髄の萎縮など

主な使用食品→ハム・ウィンナー・ベーコンなどの食肉加工品、たらこ・いくらなどの魚類加工品、パック野菜など

 

【合成着色料】

タール色素

食品の着色に使われ、特に、赤色2号・赤色102号・赤色106号などは、海外では自主規制勧告の対象となっていることから、危険性のリスクが考えられます。

健康リスク発ガン性・不妊症・暴力思考への影響(青少年)

主な使用食品→菓子類・アイス類・飲料全般・漬物・食肉加工類(ハムなど)・医薬品など

 

【保存料】

保存料はすべて、食品の腐敗を防ぐために使用され、細菌やカビの繁殖を抑える強い作用があり、ひとのカラダにとっても害作用がもたらすと考えて不思議ではありません。

安息香酸Na

健康リスク強い急性毒性・発ガン性・神経障害・細胞変異など

主な使用食品→栄養ドリンク・エナジードリンク・果実ペースト・マーガリンなど

ソルビン酸K

健康リスク染色体異常、発ガン性・免疫障害・肝臓肥大など

主な使用食品→食肉加工品(ハムなど)・クリーム加工食品・コンビニ弁当類・漬物などの惣菜類・煮豆(あんこ)加工品・ワイン・ジャムなどの果実加工食品

パラオキシ安息香酸

健康リスク発ガン性・内分泌(ホルモン)系疾患・アレルギー疾患など(ラット実験で生殖機能への危険性を示唆)

主な使用食品→調味料(醤油・ソース・酢など)・ジュースなどの飲料・シロップ甘味料など

 

【改良剤】

臭素酸カリウム

物質を酸化させる作用で、パンを膨らませたり食感を良くしたりする目的で使用され、海外でも多く禁止・制限されています。

健康リスク強い急性毒性・強力な発ガン性・遺伝子損傷性、染色体異常など

主な使用食品→食パン・惣菜パン(大量生産品)など *小麦粉の改良剤として使用(ふわふわとした食感効果)

 

【乳化剤】

界面活性剤の作用により、水と油のように混ざりにくい物質同士をなめらかな食感にし、またやわらかさを保つために使用します。

天然由来のものもあり、以下の合成添加物と区別がなく「乳化剤」と一括表示され、危険リスクについても確かではありませんが、避けておいたほうが安全と言えます。

プロピレングリコール脂肪酸エステル

健康リスク強い毒性・肝臓疾患・心臓疾患・脳疾患など

主な使用食品→麺類やおにぎりなどの加工食品類・イカなど燻製類など

グリセリン脂肪酸エステル

健康リスク肝臓肥大・腎臓の石灰化など

主な使用食品→乳製品(バター・マーガリン・キャラメル・チョコレートなど)・アイスクリーム類・キャンディ類・缶コーヒー類など)

 

【結着剤・ph調整剤・乳化剤】

リン酸塩、リン酸三ナトリウム

ハムなどの食肉加工品で粘着性の向上や保湿を高め、弾力や食感を良くするために使用します。コンビニなどのコーヒーでは、通常の3倍も抽出するので香りを増幅させるために使用しています。

健康リスク→骨の形成異常や鉄分不足・肝臓(石灰化)・脳障害・神経系異常障害など

主な使用食品→食肉加工品(ハムなど)・プロセスチーズ・コーヒー出液(コンビニなどのコーヒーに使用)・中華麺・缶詰など

 

せめて、これらの食品添加物は覚えておいて、食卓に並ばないように努力することが、将来のための<健康こつこつ貯金>しているのだととイメージしてほしいものです。